グローバルコース研修・活動

  • トップ >
  • グローバルコース研修・活動

グローバルコース研修・活動

グローバルコース(2年生)の授業がHTB「イチオシ!モーニング」のTV取材を受けました。イチモニより吉田春香さんとカイミさんが来校され、授業に参加しました。ホロウェイ先生の進行により、緊張しながらも楽しい時間を過ごすことが出来ました。TV放映は、「3/13朝7:30前後」の予定です。

1月29日(月)に北海道教育委員会主催による平成29年度北海道SGH中間成果報告会が開催されました。本校もSGHアソシエイト校として参加をさせていただきました。この報告会では、各校の生徒が学校の取組概要、課題研究の紹介、海外研修について説明を行います。本校から3年生の大曲麻美子・成田紗貴・村田瑠奈・渡辺千乃・方川結以花の5名が代表として参加をしました。大曲が本校の3年間のグローバル活動について、成田と村田が4月から取り組んだ研究活動について、渡辺が2年次のカナダ研修について、そして方川が3年間のグローバル活動を通しての成長について、全員が全て英語で発表をしました。5名ともこれまでに自分たちが取り組んできたことを堂々と発表していました。また、発表の後の質疑応答の場面でも、他校の先生やALTの先生たちからの英語による質問にもしっかりと英語で対応していました。生徒たち自身も、今まで取り組んできたことを英語で多くの人たちに発表でき、とても貴重な良い経験になったと感想を述べていました。生徒の様々な成長を実感でき、また他のSGH指定校やアソシエイト校の取組や生徒さんたちのグローバル活動を学ぶ機会にもなり大変有意義な時間となりました。

12月17日に開催された「第14会北海道地区高校生中国語発表会」において、グローバルコース3年生の大曲麻美子さんが「優良賞(第3位)」を受賞しました。2年生から中国語を学び始め、中国語力の向上を目指した日々の努力が発揮されました。

12/20(木) グローバルコース2、3年生 第2回 Gloval Day を本校視聴覚室で実施しました。
9:00 講演 「北海道観光の課題と挑戦」 北海商科大学 商学部長 伊藤昭男 氏
9:50 プレゼンテーションコンテスト 「北海道をより魅力的に、より国際的に」(2年生)
10:15 プレゼンテーションコンテスト 「SDG 持続可能な開発目標」(3年生)
11:00 2年生「カナダ報告」
11:30 3年生「2年間の活動報告」

12月12日(火)、今日は大学での最後の授業とClosing Ceremonyが行われました。最後の授業では一人ひとりが3週間の研修の中で学んだことを発表しました。3週間での自分の成長や思い出、苦労した経験など、それぞれの思いが発表されました。その後、Farewell LunchとClosing Ceremonyが行われましたが、この研修に関わってくださった方々がかけつけてくださいました。一人ひとり修了書をいただき、全員が本当に良い表情をしていました。それぞれが様々なことにチャレンジし、多くの経験をし、そして貴重な時間をカナダで過ごすことができたと思います。日本とカナダの両方で多くの方たちがこの研修に関わり、私たちグループをサポートしてくださったことに心より感謝申し上げます。明日の飛行機で帰国いたします。

12月11日(月)、今日は大学での授業の後に最後のアクティビティーであるNiagara Parks Commission へ出かけました。スクールバスでの移動も今日が最後となりました。

Niagara Parks Commission は、ナイアガラの自然文化遺産の保護を担っているオンタリオ州政府機関です。今日は、この機関の働きやどのように観光客を魅了する工夫をしているのか説明をしていただきました。その後に、先日のプレゼンテーションコンテストで第1位となったGroup6と第2位となったGroup5が発表をしました。また、最後に生徒からの質問にも答えていただきました。明日は最後の授業とClosing Ceremonyです。

12月9日(土)、今日はスクールバスでトロントまで出かけました。最初は全員でCNタワーです。寒い日でしたが、天気が良く、タワーの上からトロントを一望できました。

CNタワーの後は自由行動です。買い物に出かけたり、豪華なステーキを食べにいったり、トロント市内を散策したり、屋外スケートリンクでスケートを楽しむなど、それぞれ思い思いに過ごした1日でした。その中でも、目的地までの行き方や良いお店を道行く人に英語で聞くなど、とても逞しくなったと感じています。

12月8日(金)、今日は午前と午後に通常の授業を受けた後、ジム先生とフィービー先生がカナダの伝統を経験し楽しんでほしいとジンジャーブレッドハウス(固いビスケットで作る家)作りの場を用意してくれました。30分くらいで出来上がると聞いていましたが、始まると意外に難しく、1時間くらいかかりました。先に組み立てるグループもあれば、デコレーションを先にするグループなど様々で、また組み立てている途中で崩れてしまったりとアクシデントも色々ありましたが、本当に楽しい経験をさせていただきました。

12月7日(木)、今日は4月から進めてきた調査研究を発表するプレゼンテーションコンテストが開催されました。大学のESLの先生たちがジャッジをしてくださり、また大学進学を目指している一番上のクラスの留学生25名ほどが参加をしてくれました。生徒たちは、DMで発表をした後にそれぞれ練習を重ね、前日も授業の後に残ってパワーポイントの確認をしたり、お互いに発音の確認をし合っているグループもありました。こちらにきて、担当してくれているジム先生やフィービー先生もこのプレゼンテーションを大切に考えてくださり、授業の中でもプレゼンテーションを指導してくださいました。生徒たちは2週間半で発音力が向上したことはもちろん、発表する姿勢も向上していきました。今日のコンテストでは、その成果がしっかりと発揮されたと思います。どのチームも今までの中で一番良いプレゼンテーションを披露しました。この成長を大切にこれからさらに力を伸ばす努力を重ねていってほしいと感じています。コンテストの結果はGroup6(田中・川村・石崎・土門・松浦)が優勝、Group5(鈴木・新崎・藤原・石田・寺本)が第2位となりました。

また、今日の授業では、昨日のHashimoto先生の講義の中で行われたSDGに関するグループワークの続きやテーマに対して個々の考えを発表することもしました。グループワークでの話し合いではとても良い意見か出されていました。また、個々の発表においても、それぞれがしっかりとした英語で堂々と発表しており、こちらに来てからの成長を感じます。

12月6日(水)、今日はブロック大学の「地理観光学部」で長年教授をされているHashimoto先生が特別に本校の生徒のために準備をしてくださり全て英語で講義をしてくださいました。観光が世界に与える影響を中心に、「グローバル化と観光との関わり」「観光とSDGs(国連の持続可能な開発目標)との関わり」などについてとても丁寧に詳しく説明してくださいました。講義の途中では「グローバル化のメリットとデメリット」について、また「SDGsの17の開発目標から1つ選び自分たちにできることは何か」ついてグループワークも行われました。講義の最後には質問の時間を取ってくださり、「カナダに来て一番苦労したこと」「カナダで働き始めたときの困難」「日本人がグローバル人になるために必要なこと」などについて活発な質問が出ました。そして、その1つ1つの質問にとても丁寧に答えていただきました。Hashimoto先生には本校の生徒のためにお忙しい中準備や講義をしていただき、心より感謝申し上げます。グローバル社会で生きていく上で必ず知っておかなければならない大切なことを学ぶ機会となりました。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.