お知らせ

最新情報

1月29日(月)に北海道教育委員会主催による「平成29年度北海道SGH中間成果報告会」が開催されました。本校も「SGHアソシエイト校」として参加をさせていただきました。この報告会では、各校の生徒が学校の取組概要、課題研究の紹介、海外研修について説明を行います。本校から3年生の「大曲麻美子・成田紗貴・村田瑠奈・渡辺千乃・方川結以花」の5名が代表として参加をしました。大曲が本校の3年間のグローバル活動について、成田と村田が4月から取り組んだ研究活動について、渡辺が2年次のカナダ研修について、そして方川が3年間のグローバル活動を通しての成長について、全員が全て英語で発表をしました。5名ともこれまでに自分たちが取り組んできたことを堂々と発表していました。また、発表の後の質疑応答の場面でも、他校の先生やALTの先生たちからの英語による質問にもしっかりと英語で対応していました。生徒たち自身も、今まで取り組んできたことを英語で多くの人たちに発表でき、とても貴重な良い経験になったと感想を述べていました。生徒の様々な成長を実感でき、また他のSGH指定校やアソシエイト校の取組や生徒さんたちのグローバル活動を学ぶ機会にもなり大変有意義な時間となりました。

1/29(月) 地域の高齢者宅3軒の周辺の除雪を行いました。突然の募集にも関わらず、メディカルプレップコースの2年生生徒17名と総進クラス生徒2名合わせて19名がボランティア活動に参加してくれました。今までにない大人数で行ったので、1時間弱で終了することができました。今後も、大雪の日などは、突然の募集となりますが、またお願いします。

第24回 江別地区高校バドミントン選手権大会 期日:平成30年1月27日(土) 場所:大麻体育館

[個人戦・2年ダブルス]  若山・鈴木 3位 小町・下藤 BEST8
[個人戦・2年シングルス〕 鈴木雄大 3位  若山航太 BEST8
[個人戦・1年シングルス〕 湯浅龍馬 BEST8

青少年赤十字の部員が、日本赤十字社の災害救護訓練に参加しました。1日目(3名参加)は、地域防災マップ作り、2日目(5名参加)はハイゼックスによる炊き出しなどの手伝いをしました。生徒にとって、楽しく貴重な経験となりました。

平成30年1月21日(日)に、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が主催する、高校生による旅行ビジネスプラン国際大会「TTBiz」最終審査会にインターナショナルクラブ3年生―大曲麻美子・1年生―齋藤琢磨・片ケ瀬ゆかり(Aグループ)、1年生―渡邊琉凪・佐藤遥(Cグループ)、1年生―髙瀨水緒・坂口綾菜・片山璃子・豊川慶大(Dグループ)の9名が予選を通過し最終審査会に出場しました。この大会は韓国とシンガポール又はフィリピンと1つのグループとなり、本大会の特別協賛であるアクセンチュア株式会社の社員アドバイザーのサポートを得ながら旅行プランを立て、選考を通過すると東京での最終審査に進み英語でプレゼンテーションをする国際大会です。最終審査会には、11グループが全国から集まり、そのうち3グループが本校から出場していた3グループでした。8月に活動が開始し10月までに課題ワークシートを提出。このワークシートで選考審査が行われ通過すると、アクティビティレポートやプレゼンテーション内容、パワーポイントの作成をし1月の東京での最終審査会へと進みます。8月から1月までの間、生徒は同じグループになった韓国やシンガポール又はフィリピングループのメンバーとスカイプやLINEを使って英語で話し合いを進めていきます。
最終審査会へ進み発表できたことも大きな経験でしたが、8月からの準備過程で他国のメンバーとの英語によるコミュニケーションやプラン作り、日本についての知識など、改めてグローバル社会にどのような力が必要かを感じる貴重な経験となりました。

以前、来校されたパラウの大統領より、新年を祝う「グリーティングカード」が大西校長あてに届きました。

1/15(月) 冬期休暇も終了し、始業集会がありました。校長先生の挨拶のあと、各クラブの表彰も行われました。3年生は、明日から自宅学習です。

1月7日(日)に東京で「第34回全商全国英語スピーチコンテスト」が開催され、各都道府県から選出された47名で競い合われました。本校からは、インターナショナルクラブ1年生坂口綾菜さんが北海道代表としてスピーチ部門で出場しました。坂口さんは「Thank you!」というタイトルで、何ヶ月にもわたって練習を積み重ねてきました。そして、全国の舞台で努力の成果を発揮し、堂々とした第3位にあたる奨励賞を受賞しました。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.