お知らせ

最新情報

5月26日(水) 各委員の任命式のあと、「生徒総会」が実施されました。総会では生徒会執行部の年間活動計画、平成30年度の生徒会会計予算が承認されました。また、各委員会の年間活動計画が発表されたあと、生徒からの要望に対する回答が発表されました。

1年生「Global Village」を実施しました。Global Villageは、異文化理解や国際協力の重要性について考える場でもありますが、それとともに学年・クラスの団結力を高めるためのものでもあります。1日目は本校で2.3日目は「国立日高青少年自然の家」で行われました。JICAから5名、北大から4名の留学生を迎え、北海学園大学から9名のサポーターに参加してもらい、貴重な経験をすることができました。皆さんのご協力に感謝します。また、最終日には、ラフティングを体験し、思い出に残る行事となりました。

5月21日(月)、本校体育館において、大学・短大40校、専門学校54校、その他2校が参加し、「進路ガイダンス」が実施されました。1年生はグローバル・ヴィレッジの代休のため、2年生と3年生が参加しました。特に3年生は、進路選択が目の前まで近づいてきており、貴重な機会となりました。また、2年生は今後、自分がどのような道に進むべきかを考える良い機会となりました。

5月20日(日) メディカル・プレップコースの2年生10名がディサービス「ツクイ八軒」で行われたボランティア「歌謡ショー」に参加しました。初めての参加という生徒が多く、少し緊張気味でしたが、高齢者の皆さんの支えもあり、何とか歌うことができました。今回、うまく歌えなかった生徒も何度も参加することで場に慣れていくと思います。何度も参加することが大切です。

平成30年5月20日(日)、北海道高等学校文化連盟第6回全道高等学校英語プレゼンテーションコンテストが開催されました。全道各地から40チームの参加がありました。本校からは、2年生と3年生で構成された2チームが出場しました。大会のテーマは、「北海道がより多くの外貨を獲得する商品を開発、または紹介するための提案」です。このテーマに対し、Aグループは「北海道の規格外野菜を用いたカップラーメン」,Bグループは「アロニアを使った大福」を考え提案しました。両チームとも、どのように外国の方たちに喜んでもらえる商品にすることができるかどうかを考え、時間をかけ調査をしてきました。そして、英語によるプレゼンテーション練習を重ね、大会では両チームとも今までの練習の成果をしっかりと発揮することができました。

HGS Group A – 準優勝 3年生 武田三菜望・勢上裕圭梨・檜澤友実
           2年生 坂口綾菜・渡邊琉凪・髙瀨水緒・齋藤琢磨

HGS Group B – 特別賞 3年生 藤堂陽菜・川村亮太・野中拓弥・中川由貴
           2年生 丹治美穂・片山璃子・大鐘麻鈴・新保爽・馬卓倫

5月15日に「札幌ゴルフ倶楽部由仁コース」6452ヤード(パー72)で開催された北海道高等学校ゴルフ春季大会において本校ゴルフ部が団体優勝をしました。また、個人でも上位に入りました。
団体 優勝! 政田(76) 島田(77) 内田(77) 西澤(79)
個人 2位 政田夢乃(3年) 4位 島田陽菜(2年)・内田琴子(1年) 9位 西澤里世(1年)

5月12日(土) 北海学園大学・北海学園札幌高校新校舎(増設)工事の地鎮祭を実施しました。 修跋の儀に始まり、地鎮行事、玉串奉奠を行い、神酒拝戴のあと、閉式となりました。校舎が完成すれば、新年度から新教室が12教室増設されることになります。工事が安全に進むことを祈ります。

メディカル・プレップコースの3年生4名が「イムス札幌消化器中央総合病院」で行われた「ふれあい看護体験」に参加しました。白衣に着替え、病院見学をしたあと、看護体験として血圧測定や病院食を試食しました。また、午後からは実際に患者さんと接する機会があり、貴重な体験となりました。

5月8日(火) メディカル・プレップコースの4名が「札幌東徳州会病院」「ふれあい看護体験」に参加しました。看護師としての仕事の講話の後、病院内を見学し、血圧などを実際に測定しました。看護師希望の生徒たちにとって貴重な体験となりました。

3年生最後の成果を発揮する大会が始まろうとしています。どの部も新1年生が加わり、活気ある練習が出来ていると思います。部員の皆さんは、それぞれの目標実現を目指して頑張って下さい。

部員入場 選手宣誓 各部決意表明 各部長よる円陣

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.