お知らせ

最新情報

グローバルコース 「イングリッシュ・サマーキャンプ3日目」

7月27日(金)、サマーキャンプ3日目の午前中、2年生は“留学生の海外経験から学ぶべきこと”“グローバル人に必要な技能と資質”“夢”をテーマに、3年生は“自分の海外経験から得たこと”“社会問題や自然災害”“夢”をテーマに留学生とグループワークを行いました。現在日本で学んでいる留学生の考え方や意見はとても力強くさらに様々な角度から物事を考えており、考え方の幅を広げることの大切さや経験することの大切さを学ぶ機会となったと思います。難しいテーマにも取り組みましたが、留学生の話を理解しようと一生懸命に耳を傾け、またそれぞれが自分の意見をうまく表現できずに悩みながらも挑戦をし続けていました。午後は、最終日に行うプレゼンテーションコンテストへ向けてプレゼンテーション作りを行いました。留学生の指導を受けながらサマーキャンプを通して学んだことをまとめたり、ポスターを作るなど、各グループが工夫を凝らしながらプレゼンテーション作りに取り組みました。

グローバルコース 「イングリッシュ・サマーキャンプ最終日」

7月28日(土)、サマーキャンプ最終日。最初の1時間は、前日にまとめたプレゼンテーションの発表練習を行い、その後2年生と3年生に分かれ、留学生にジャッジをしてもらってのプレゼンテーションコンテストを行いました。最初の練習では、留学生も自分のグループの発表がより良いものになるように、とても熱心に発表指導を行ってくれました。そして、前日からの短い時間でのプレゼンテーション作りでしたが、コンテストではどのグループもこのキャンプを通して学んだことをしっかりとまとめ、堂々と英語で発表していました。午後のクロージングセレモニーでは、結果発表、表彰式、そして2年生と3年生の優勝チームの発表を行いました。
北海道大学及び留学生のご協力のおかけで、今年も生徒たちは貴重な経験をすることができました。留学生の国との様々な違いだけではなく、留学生との話を通して、物事に対する考え方や姿勢、これから将来に向けて身につけていくべき力を学ぶ大切な機会となりました。

グローバルコース 「イングリッシュ・サマーキャンプ1日目」

7月25日(水)、今年で3回目となるグローバルコースのサマーキャンプがスタートしました。グローバルコースの2年生と3年生が3名から4名のグループに分かれ、北海道大学の留学生と共にグループワークを中心に4日間のプログラムに取り組みます。今年は、ナイジェリア、エチオピア、マラウィ、マダガスカル、アメリカ、フランス、バングラディシュ、インドネシア、ベトナム、トリニダード・トバコ、インド、モザンビークの12カ国から19名の留学生が参加をしてくれました。
初日は、留学生へのインタビューです。このインタビューを通して、留学生や留学生の国について学びました。そして、学んだことをまとめ、英語でグループプレゼンテーションをします。どの生徒も留学生との交流に積極的に英語を用いて取り組み、活発なグループワークやプレゼンテーションを行いました。

グローバルコース 「イングリッシュ・サマーキャンプ2日目」

7月26日(木)、2日目の最初のプログラムは、留学生の国と日本との比較をテーマにしたグループディスカッションです。留学生の意見をきくことで、留学生の国について知ることができただけではなく、改めて日本を客観的に知る機会になったと思います。2つ目のプログラムは、留学生の国の文化をテーマに、伝統衣装や歌、踊りを学びました。衣装を着せてもらったり、インドやモザンビーク、マダガスカル、トリニダード・トバコ、マラウィ、アメリカなど様々な国の踊りや踊り遊びを教えてもらったり、バングラディシュやナイジェリアの歌をみんなで歌うなど、様々な国も伝統文化を身近に感じることができました。最後に練習したダンスや歌を留学生と一緒に他グループに披露し、とても楽しい時間を過ごすことができました。

夏休み前の「終業集会」を実施しました。合わせて全国大会に出場する各部活動のために「全国大会壮行会」を行いました。7/25から8/19まで「夏季休暇」になりますが、生活のペースを崩すことなく、過ごしてほしいと思います。特に熱中症や事故には十分注意して、元気良く8/20(月)に登校してください。8/20は、全学年「学力テスト」ですので、テストに対する準備もお忘れなく!

7/22(日) 恒例となったツクイ八軒の「歌謡ショー」ボランティアにメディカル・プレップコースを希望する生徒8名が参加しました。1年生で初めてのことでもあり、声がなかなか出ずに苦労しましたが、参加された高齢者の皆さんのサポートを受けて何とか歌いきりました。今回、うまく歌えなかった生徒もこれに懲りずに2度3度とチャレンジしてほしいと思います。

7/22(日) メディカル・プレップコースの2年生5名が本校隣りの介護老人保健施設 「豊翔の郷」で夏祭りのボランティアに参加しました。施設の外は少し風が強く、大変でしたが、5名はそれぞれの出店の手伝いをしっかりとこなしていました。

グローバルコース3年生の「田丸瑞花さん」が、実用英語技能検定準1級に合格しました。「英検準1級第1号」です。グローバルコース3年目を迎え、英検2級合格者も増えてきました。一人でも多く田丸さんに続いていけるよう、高い英語力の習得を目指します!

7/19(木)1.2時間目に1年生372名が「人生をデザインしよう!生命と性・カラダとココロナビ」という演題で北海道助産師会理事 吉 裕子様を講師に迎え、性教育講演会を実施しました。講演会では、命の尊さや性のあり方について学び、男女関係や性に対しての正しい知識をもつことの重要性が説明されました。

7/12~14の3日間、「百花繚乱」をテーマに掲げ、「北海学園札幌祭」を開催しました。ステージ(2.3年)、クラス企画、垂れ幕、校内装飾(1年)において、各クラスとも限られた時間を有効に利用して取り組みました。特にいつも盛り上がる「ステージ発表」では、どのクラスの発表でも会場全体が大いに盛り上がりました。今年は「ダンシング・ヒーロー」を見事に踊りきった3年C組が優勝しました。また、3年生中心に企画された屋台では、どの店でも長い行列ができる盛況振りでした。教室でのクラス企画では、食べ物や飲物の販売以外にも、恒例となった「お化け屋敷」などが人気を集めていました。

7月8日(日) 「特別養護老人ホーム 清明庵」で開催された「夏祭りボランティア」にメディカルプレップコースの2年生19名が参加しました。全員が介護ボランティアとして、入居者の皆さんと一緒に「よさこい」を見たり、出店で食べ物を買ったりして夏祭りを楽しみました。また、イベント終了後は後片付けなどにも参加しました。(特に男子が活躍していました。) 終了後の生徒の感想も「楽しかった」「充実していた」など満足度の高い活動となりました。

グローバルコース1期生 市島大河 君
2017年8月からアメリカ、コロラド州にあるリバティー コモン ハイスクールへ留学をしていたグローバルコース1期生の市島大河君が1年間の留学を終え、先日帰国をしました。渡米後すぐに授業に入り、試験を受け単位を取得することは決して簡単なことではありませんが、市島君はそれを立派にやり遂げ、さらには1年間で一番成績が向上した生徒に与えられるPresident’s Education Awardを受けることができました。

グローバル講演会
6月19日(火)カナダブロック大学から地理・観光学を専門とされているAtsuko Hashimoto先生とDavid J. Telfer先生が来日され、グローバルコース2年生、3年生と、グローバルコース講習を受講している1年生に対し、特別授業をしてくださいました。Hashimoto先生には一昨年、昨年にグローバルコースのカナダ研修中にブロック大学にて特別授業をしていただいております。今回は来日される機会に時間を割いて本校まで来てくださいました。授業は、今我々が暮らすこの地球が抱えている問題が自分たちと大きく関わっていることを様々な角度から説明してくださり、視点を世界に向けることの大切さを学びました。そして、少人数のグループに分かれ、環境、経済、地理、社会、科学技術、それぞれが抱えている問題がどのように相互に関係し合っているかを話し合い、最後に発表を行いました。全て英語による授業、世界における諸問題についての授業内容、そしてグループディスカッションを通して、生徒たちは“難しい!”と言いながらも、1つ1つの理解に努めており、大切な機会を得ることができました。

[高校相撲選手権]
6月16日(土)、小樽市 北海道小樽水産高等学校相撲場にて行われた、第72回北海道高等学校相撲選手権大会において、5年ぶりに団体優勝を果たしました。また、個人戦においても、3年の斎藤昂生が優勝、1年の大桃頼が2位、2年の麓友斗、2年の坂口颯が3位になり、団体戦だけでなく、個人戦も3人、北海道代表として、静岡県で行われるインターハイに出場します。応援よろしくお願いします。 

[国体]
7月1日(日)、北広島市中央公民館相撲場にて行われた、平成30年第73回国民体育大会相撲競技北海道ブロック予選会において、3年生の斎藤昂生が少年の部で優勝しました。
10月福井県で行われる国民体育大会に北海道代表として出場します。応援よろしくお願いします。

高体連 団体優勝 国体 個人1位 斎藤昂生

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.