お知らせ

最新情報

8/15(終戦の日) 弁論部の伊原瑛作くん(3年)が、鹿児島県知覧町で開催された第29回スピーチコンテスト「平和へのメッセージ from 知覧」において「優秀賞」(2位)を受賞しました。

インターナショナルクラブ1年生 グライナー オリビア 咲と荒川 真帆がAsia Innovation Challenge 2018 シンガポールのパートナーと作るビジネスプランコンテストの最終審査会に出場し、第2位を受賞しました。このコンテストは、公益社団法人ジュニア・アチーブメント日本が主催し、フェデラル エクスプレスが協賛、そして有限責任監査法人トーマツが協力となっています。シンガポールの2人の生徒と4人で1つのチームとなり、

ミャンマー、タイ、ブルネイの中から一ヵ国を選び、その国の社会問題を一つ挙げ、その解決に寄与するビジネスモデルを立案する

というテーマで行われました。パートナーとのコミュニケーションから発表まで全てが英語で行われます。
グライナーと荒川は、パートナーとなったシンガポールの生徒と6月から7月にかけて、Skypeでやり取りをしながら取り組んできました。4人はタイの社会問題を調べ、何度も話し合いをしながら解決方法につながるビジネスプランを考え、パワーポイント作りに励みました。最終審査に選ばれた後は、最終審査会でより良いプレゼンテーションにしようと、さらなる話し合いを行ってパワーポイントの修正にも取り組み、また審査会の前には毎日Skypeを用いて何時間も4人で発表練習、Q&Aの練習を重ねていきました。審査会の日は、グライナーと荒川は多少緊張もしていましたが、直前までシンガポールパートナーと話をし、本番では準備をしてきたことを堂々と発表することができました。
このコンテストへの挑戦を通して、経験した1つ1つが本当に財産となっています。他国の社会問題に目を向け、パートナーから様々な考え方を学ぶことができ、視野を広げる機会となりました。また、1つの目標に向かって取り組むことでシンガポールのパートナーと素晴らしい関係を作ることもできました。最終審査会の後には、ジャッジの方々から多くのアドバイスをいただくこともでき、二人にとって今後につながる貴重な経験となりました。

8/25(土) 吹奏楽部が札幌市民ホールで第20回の定期演奏会を開催しました。
第一部[吹奏楽ステージ]
・サスカッチアンの山 ・リュートのための古風な舞曲とアリア第三組曲 ・斐伊川に流るるクシナダ姫の涙
第二部[ポップスステージ]
・ミッキーマウスマーチ ・星に願いを ・ディズニーメドレー ・HGS大ヒットパレード
第三部[マーチングステージ]
・サーデューク ・星空の輪舞曲 ・情熱大陸 ・ルパン三世のテーマ'80 ・ジョンレノンの願いを ・青春の輝き
の13曲を披露しました。

本校13期(昭和36年卒)の高山洋夫 画伯の絵画18点が、同期の松本洋さんから寄贈されました。画像は各3点ずつ6点を掲載しました。

8/20(月) 夏休みが終了し、学校が始まりました。本校は2学期制なので、学校が始まってほぼ2週間で前期期末テストが実施されます。気持ちを切り替えて集中して授業に取り組んで欲しいと思います。

8/14 男子ホッケー部が野幌総合運動公園で国立大学総合ホッケー競技に参加している「東京大学ホッケー部」と交流の一環として、フレンドリーマッチを行いました。

8/4 グループホーム「ほのぼの月寒」で開催された夏祭りにメディカル・プレップコース2年生5名が参加しました。当日は、焼き鳥やカキ氷などの屋台の手伝いをしました。高齢者の方たちだけでなく、地域の子供たちもたくさん集まり充実した1日を過ごすことができました。

8/4(土) 第1回 学校説明会を実施しました。参加者は203名でした。10:00に開始し、学校長挨拶のあと、学校概要説明、そして個別相談会・校舎内自由見学というスケジュールで12:30に終了しました。次は9月24日(月祝)に学校説明会・オープンスクールが実施されます。

 8月1日(水)に第65回全国高等学校珠算・電卓競技大会が東京都の東京武道館で行われました。全国から予選を勝ち上がった珠算299名,電卓193名の選手が集まり,熱戦を繰り広げました。本校からは,久保(3年)と工藤(2年)の2名が参加し,普段の練習の成果を出し切りました。結果は,久保が種目別の読上暗算で全国優勝,応用計算で3等,個人総合でも3等に入賞しました。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.