お知らせ

最新情報

10/28(日) 前日の悪天候も回復し、穏やかな中で「第3回学校説明会」を実施しました。当日は、406名の参加があり、学校の詳細な説明の後、数学・英語の「体験授業」が実施されました。また、その間、保護者の皆さんは本校案内のほか、北海学園大学・北海商科大学の2大学を見学しました。

10月27日(土)、ニュージーランドのウェリントン高校短期交換プログラム参加生徒が無事に帰国しました。

[ 11日目 ]
今日は、学校のすぐ近くにあるニュージーランド・ドミニオン博物館へ第一次世界大戦後100年の記念の展示を見に行きました。
ニュージーランド人にとって、第一次世界大戦は、多数の死者が出ており、重要な戦争体験です。日本とニュージーランドは、同じ同盟国でした。当時、戦場へ行くために、日本海軍の船に乗って戦争に行きました。様々な写真などの展示を通し、改めて平和の大切さを学びました。
展示会を出る時に、マオリの儀式をしました。タプとノアの概念というものがあり、死の世界(Death)から、生の世界(living)に戻るために、水で手を洗いました。日本の儀式にも近いことを感じました。
[ 12日目 ]
お昼までは、各ホームスティ先の生徒と、英会話の授業に参加しました。お昼からは、サヨナラパーティーをしました。
日本の生徒がこの二週間の感想を英語で伝えました。二週間という短い期間でしたが、来た当時からの成長と、自信を感じました。その後、ニュージーランドの伝統的な料理、パブロバという大きいメレンゲを食べました。
パーティー終了後は、ホームスティ先のファミリーと空港に移動し、オークランド経由で帰国となりました。

10月25日(木)北海学園大学法学部主催の法学部カフェに、本校グローバルコース3年生田丸 瑞花さんとグローバルコース講習を受講している1年生グライナー オリビア咲さんが「聞き手」として参加をいたしました。法学部カフェには、ニューヨーク州で日系人初の判事としてご活躍されているトウコ・セリタさんがゲストとしていらっしゃっており、アメリカに渡ってからこれまでに至るご経験や、女性として社会で働く上で差別や大変な努力、そして国内外の人身売買を扱うクイーンズ群人身売買調整裁判所で勤務されているからこそ見てこられた様々な問題などについてお話を伺うことができました。また、北海学園大学法学部生と共に、英語でのインタビューにもチャレンジをし、アメリカと日本の裁判で変えたいことは何か、社会で働く女性に対する固定概念をどのように変えていくことができるか、また世界で働くために今やっておくべきことは何かなど、田丸さんもグライナーさんも、積極的に英語で質問をし、セリタさんから様々なご意見やアドバイスをいただくことができました。二人とも将来グローバルに活躍をしたいと考えており、今回の法学部カフェに参加をさせていただき、セリタさんの考え方や生き方に大いに刺激をうけることができました。また、このような場で英語で挑戦をさせていただくことができたことも、二人にとって貴重な経験となりました。

10日目
今日は、日本語クラスの生徒と一緒に、「ウェリントン動物園」へ行きました。ウェリントン動物園は、ニュージーランド最古の動物園で、国内2番目の規模であり、1906年に設立されました。鳥類から大型動物まで約100種類以上がいて、キーウィなどのニュージランド固有種を観察することもできます。
ニュージーランドの動物について、ガイドの方よる特別講演を受けました。生徒たちは、難しい単語も多い中、内容を少しずつ聞きとれるようになってきていました。
講演後、動物園職員のチャーズさんに園内を案内してもらいました。ニュージランド固有の世界最大級の昆虫WETA(ウェタ)についての説明を聞きました。 他にも、ニュージランドの可愛いペンギンや、ニュージランドにしかいないクニクニという豚も観察することができました。
今日は、実際に動物を見ながら動物に関する英語をたくさん覚えることができました。

10月24日(水) メディカル・プレップコースを希望する1年生の生徒22名が日本医療大学の「学校見学会」に参加しました。8:45に本校を出発し、真栄・恵み野の2つのキャンパスを見学しました。「看護学科」をはじめ、「診療放射線学科、リハビリテーション学科」でそれぞれ学科について説明して頂きました。1年生では見学だけですが、2年生になると体験ができるようになります。それぞれの生徒にとって、医療系の大学を知る貴重な見学会となりました。
10月25日(木)メディカル・プレップコースの2年生8名が日本医療大学の「看護体験」に参加しました。午前中は「ミニ講義」を受け、午後からは「看護実習」を体験しました。短時間でしたが、充実した時間を過ごすことが出来ました。
※写真は10/25の看護体験の写真です。

永年にわたり、私学教育の向上に専心し、本道の私学振興に多大な貢献をしたという功績により、大西修夫校長が「北海道社会貢献賞」を受賞しました。

9日目
[午前]
今日は、「ウェリントン植物園」に行きました。この植物園は、1844年に設立され、ウェリントンの町が見渡せる素晴らしい場所にあります。ニュージーランドの固有種に加え、今は花のシーズンであり、様々な花を楽しむことができました。
更にローズガーデンを通り、20分ほど進んだところにある「スペースプレイス」に行きました。
ここには、最新のデジタルドームの「プラネタリウム」があります。本日は貸切で、約40分程宇宙についてや、マオリの伝説等について英語で説明を受けながら、施設内を回ることができました。生徒たちは、宇宙に関する単語も覚え、宇宙のことに加えて英語も学ぶことができました。
[ 午後]
スペースプレイスを訪れた後、カフェで昼食を取り、ケーブルカーで街の中心部に向かいました。街では短時間ショッピングを楽しんだ後、バスで学校へ戻り、解散となりました。

全国高等学校選抜ホッケー大会北海道予選会(平成30年10月21日 道立野幌総合運動公園ホッケー場)
男子優勝:北海学園札幌高校
女子優勝:北海学園札幌高校
全国高等学校選抜ホッケー大会に出場 (平成30年12月21日(金)~ 大阪府・奈良県)

ニュージーランド4.5日目
[4日目]
英会話のクラス
来週の動物園の遠足に向け、他国からの留学生と交流を深めながら、様々な動物名を学びました。
3時間目
体育、物理、社会の授業で自分のホームスティ先の生徒と同じ授業を受けました。
5日目
日本語クラスの授業に参加しました。
日本人の生徒1名、ウェリントン高校の生徒2名で1グループとなり、交流を行いました。本校の生徒たちも、一生懸命に英語を使うことで、徐々に自信を付けてきたようです。

平成30年度北海道高等学校ゴルフ新人大会兼全国高等学校ゴルフ選手権春季大会北海道予選
会場  セベズヒルゴルフクラブ
期日  平成30年10月9日(火)・10日(水)
女子団体優勝 228S(3人合計)
内田琴子 ① 75 ( 37 ・ 38 ) 福晏蘭 ① 76 ( 37 ・ 39 )  西澤里世 ① 77 ( 34 ・ 43 ) 島田陽菜 ② 83 ( 43 ・ 40 ) ※
女子個人
 優勝 内田 琴子147 (75 72) 5位 西澤 里世 153 (77 76) 全国春季大会出場資格獲得

第73回 国民体育大会(ゴルフ競技)
会場 越前カントリークラブ(福井県あわら市) 10月5日(金)・6日(土)
女子個人  2位タイ 内田琴子69s(35・34) 73s(37・36)142s
女子団体 5位入賞

今日は、朝から英会話のクラスに参加しました。同じクラスの生徒たちには、シリア、アフガニスタンなどの国から来た人もいます。英語での自己紹介方法などを勉強しました。
2時間目は、自分のホームスティの生徒のクラスに参加しました。芸術、社会、歴史のクラスでした。
午後からは、南ウェリントン中学校の日本語クラスを訪問しました。毎週水曜日は、生徒は好きな言語クラスか、スポーツクラスを選ぶことができます。

日本語クラス
北海学園の生徒一人と、中学生2名が組んで、日本語で自己紹介をしました。次に、その3人グループで、日本語で数をかぞえる練習をしました。それが終わったら、3人グループで学校内ツアーに出かけました。
最後には、北海学園の生徒が、中学生にひらがなを教えました。

野球部の冬の練習をより強化するために、「室内練習場」を新築しました。

10/17(水) 1年生が豊平警察署より横山歌穂さんを講師に迎え、「薬物乱用防止教室」を実施しました。薬物乱用の危害に対する正しい知識や薬物の誘惑に対する対処法を学びました。また、同時にSNSによるトラブルに関しても講演して頂きました。

ニュージーランドの代表的な食べ物をシャロン先生に教わりました。
午後からは自分のホスト先の生徒の授業に一緒に参加をしました。

ポフィリ歓迎式
グループを代表して、本校1年生忠海がマオリ語でスピーチをしました。その後、全員で日本の歌を披露しました。ポフィリ終了後、ウェリントン高校の日本語クラスの生徒たちと一緒にテパパ博物館へ行きました。ニュージーランドの歴史と文化を学ぶことができました。

ニュージーランド ウェリントン高校との短期交換プログラム第1回派遣生徒が10月13日にニュージーランドへ向けて出発しました。このプログラムは北海高校と合同で実施しています。本校から7名の生徒(1年生-明俊介・忠海奏汰・荒川真帆・西山愛海・石崎彩華・佐藤花乃 2年生―神元萌々奈)が参加しており、10月27日までの2週間ニュージーランドに滞在します。現地では、ウェリントン高校の生徒の家にホームスティをして、一緒に授業に参加をしたり、ウェリントン市内の美術館を訪問したりながら、ニュージーランドの高校生活や文化を学びます。
10月14日にウェリントンに到着し、15日にウェリントン高校に登校しました。2週間のプログラムの開始です!

「日本医療大学」「リハビリテーション学科」体験授業が恵み野キャンパスで実施されました。メディカル・プレップコース2年生3名と、1年生9名が参加し、充実した1日を過ごしました。作業療法では4人で1人を持ち上げるなどの実習を行いました。また、理学療法では正しいストレッチの方法をペアになって取り組みました。

「全商全道英語スピーチコンテスト」 2年生 片山・丹治・齋藤・新保 入賞

平成30年度10月4日・5日に第35回全商英語スピーチコンテスト北海道予選大会が開催されました。この大会はレシテーション(暗唱)部門とスピーチ部門の2つの部門があり、インターナショナルクラブの2年生がそれぞれの部門に2名ずつ出場しました。4名とも日々の練習を積み重ね、発音力や表現力を磨いてきました。そして、大会本番では練習の成果を発揮し、4名全員が入賞することができました。
* 「レシテーション部門 丹治美穂 第6位 ・ 齋藤琢磨 第7位」  
* 「スピーチ部門    片山璃子 第4位 ・ 新保爽  第7位」

男子ホッケー部 国民体育大会において21年ぶりに「ベスト4」に進出しました。
「準々決勝 北海学園札幌高校 2 - 1 愛媛県(伊予高校)」

平成31年度入試の生徒募集要項を掲載しました。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.