お知らせ

最新情報

本校スキー部出身の湯浅直樹さんが、膝の手術を乗り越え、完全復活して見事、「アルペンスキー男子大回転」「優勝」しました。この結果、世界の第一線に戻るチャンスを生かし切りました!

第50回全国高等学校選抜ホッケー大会結果
男子  一回戦  武生工業0-7学園札幌  二回戦  岐阜総合5-1学園札幌  ベスト16

女子  一回戦敗退  紀央館2-0学園札幌

12/21(金) 終業集会を実施しました。また、各クラブ活動の表彰も行われました。冬期休暇明けは、1月15日(火)始業集会となります。また、1.2年生は学力テストが実施されます。

 平成30年12月19日(水)にグローバルコースにおいて「Global Day」を開催しました。2年生、3年生のグローバルコースの生徒及び1年生のグローバル講習受講生徒が一堂に会し、成果発表を行いました。また、これから伸ばしていくべき力を認識するために、またこれからの様々な挑戦への参考になるよう、お二人の方に講演をしていただきました。当日のプログラムは以下の通りです。
*プログラム
1.講演① 「今求められる英語力とTOEICについて」
一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会  長嶋 裕介 様  
2. 2年生 プレゼンテーション発表 カナダでのコンテスト上位2グループ
3. 2年生 カナダ研修報告 代表生徒
4. 3年生 プレゼンテーション発表 プレゼンテーションコンテスト上位6グループ
5. 3年生 2年間の活動報告 代表生徒
6. 講演② 「エベレスト登頂成功を通して」
(株)ディリー・インフォメーション北海道  伊藤 孝浩 様 (4期卒業)
 講演①では、現在企業が求めている英語力やTOEICのスコアを採用要件や新入社員の英語能力測定に活用している企業が増えていることなどを説明していただきました。また、英語ができればグローバル社会で活躍できるわけではなく、英語が一番の基本となって、さらに専門スキル、交渉力・プレゼン力、異文化対応そしてリーダーシップ力が必要であることもお話いただきました。
 2年生の成果発表は、カナダ研修中に実施したプレゼンテーションコンテストにおいて、優勝したグループ2と第2位となったグループ3が発表を行いました。2年生のプレゼンテーションのテーマは「海外の若者を魅了する北海道観光プラン」です。このテーマにそって、それぞれのグループが作成したプランを英語で発表しました。
* Group 2 荒木(果)・荒川・藤原・杉浦・高橋 「Let’s feel the nature of Hokkaido!」
 * Group 3 齋藤・早川・土屋・新保 「Everyday is a new day!」
 また、2年B組を代表して舟木健がカナダ研修を通して学んだことや成長できたことを英語でスピーチしました。
3年生は「国連の持続可能な開発目標SDGs」より1つ目標を選択し、個人又はペアで4月より取り組んできました。今日本や世界にある問題や課題の現状を調査し、それに対して自分たちにできることが何かを考えてきました。10月にプレゼンテーションコンテストを行い、まとめた内容をパワーポイントを用いて英語で発表をしました。そのコンテストの結果から上位6組がGlobal Dayで発表をしました。
  * 高田    「レイシズム・レイシスト追放プロジェクト」
   * 小林    「途上国の子供たちに健康を!」
* 武田・藤堂 「海はごみ箱じゃない」
   * 檜澤  「再生可能エネルギーを世界へ」
   * 田丸・中上 「Water Saver」
   * 佐々木・野中「ガンバレシート」
 また、3年B組を代表して溝井きらりさんがグローバルコースにおける2年間のグルーバル活動を通して学んだことや成長したことを英語でスピーチしました。
 最後に、本校の卒業生で現在(株)ディリー・インフォメーション北海道にお勤めの伊藤孝浩さんの講演です。伊藤さんは今年勤めている会社のエベレスト登山メンバーの一人としてエベレストに挑戦し、見事登頂に成功をしました。高校時代からの自身の変化を含め、エベレストを目指すための2年以上にもわたる訓練の大変さ、そして実際にエベレストを登っている最中の出来事などを具体的に話をしてくれました。そして、この挑戦を通して後輩たちに次の言葉を伝えてくれました。「夢は人を強くする」

「第15回北海道地区高校生中国語発表会」(12月16日)にて、3B檜澤友実さんが「初級の部」優秀賞を、3H佐藤亜由未さん、寺田春奈さんが「入門の部」優秀賞を受賞しました。
日頃の努力の積み重ねが立派な花を咲かせました。

12月16日(日) メディカルプレップコースを希望する1年生7名が、ディサービスセンター「ツクイ札幌八軒」の歌謡ショーに参加しました。全員が初参加であり、また、男子生徒が初めて3名参加したということもあり、どの程度歌えるか心配でしたが、予想以上にしっかりと歌えました。また、高齢者の方々と笑顔で対応ができ、初参加にして100点満点でした。次回もぜひ、参加してみて下さい。

12月15日(土)、東京国際フォーラムにて、「2018スーパーグローバルハイスクール全国高校生フォーラム」が開催され、グローバルコースを代表して3年B組田丸瑞花・藤堂陽菜・武田三菜望の3名が参加しました。このフォーラムでは、全国からSGH指定校とアソシエイト校の生徒が集まり、研究した内容をポスターを用いて発表しました。また、「What can we as high school students do to create a sustainable society?」として10のテーマで分科会が行われました。午前中のポスター発表で3名は、世界の教育問題の解決を目指して「GANBARECEITPT」を提案しました。また、午後の分科会では、「水・環境・エネルギー・気候変動」をテーマにした分科会に参加し、全国から集まっている他校生と共にグルーブで話し合いを行いました。
田丸・藤堂・武田の3名は緊張しながらもポスター発表を堂々と行い、分科会においても活発に意見交換を行いました。また、全国から集まっている高校生の英語力や考え方に大いに刺激を受け、貴重な経験をすることができました。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.