グローバルコース研修・活動

  • トップ >
  • グローバルコース研修・活動

グローバルコース研修・活動

カナダ時間、11月21日(水)の朝です。帰国の日を迎えました。ホストファミリーが大学まで送ってくださり、お別れをしました。ホストファミリーが「日本に帰国させたくない」「最高の子供たちだった」「帰国して英語をたくさん勉強してまた戻っておいで」と言ってくれたり、寂しいと涙を流してくれるホストファミリーもいました。それぞれ、この3週間の間にホストファミリーと一生懸命に交流し、関係を深めていたことを今日のお別れの様子を見て実感しています。

現在トロント空港です。これから羽田行の飛行機に搭乗します。

11月20日(火)、研修最終日を迎えました。午前中に最後の授業を行い、午後からはFarewell LunchとClosing Ceremonyが行われました。最後の授業では、3週間を振り返ったり、カナダについてどれだけを学ぶことができたのかクイズに挑戦をしました。

午後からのClosing Ceremonyでは、一人一人に修了書が手渡され、ブロック大学のESLのスタッフの方々からこの3週間に対してと共にこれからに向けてメッセージをいただきました。また、最後に生徒を代表して舟木健がお礼の挨拶をしました。とても立派な挨拶をし、スタッフの方々からも大きな拍手をいただきました。

3週間、研修の成功を応援していただき、本当にありがとうございました。明日カナダ時間21日(水)の朝セントキャサリンズを出発し、帰国をします。22日(木)の夜に新千歳空港に到着予定です。

11月18日(土)、今日は1日トロントでのアクティビティーでした。全員でCNタワーを見学した後、トロント市内を散策したり買い物を楽しむなど、それぞれ思い思いに今日の1日を過ごしました。

11月17日(金)、今日はプレゼンテーションコンテストが行われました。日本で準備をしてきたプレゼンテーションの成果発表です。今日のコンテストには、ブロック大学のESLの20名ほどのスタッフと昨日レクチャーをしてくださった橋本先生も発表を見に来てくださいました。そして、3名の方が審査員をしてくださいました。先日のデニスモリス高校では、それぞれが思うようにできなかったりなどの反省点が多くありましたが、この3日間で各自しっかりと練習確認を行い、今日の発表は各グループとても立派な発表を行いました。ESLのスタッフの方たちからも、堂々とした発表を評価していただきました。コンテストということで1位と2位を決めていただきました。
優勝 グループ2 荒木(果) 荒川 藤原 高橋 杉浦
2位  グループ3 齋藤 土屋 新保 早川

賞を受けたのは2グループですが、どのグループも様々な工夫をして発表を行い、個々においても発音が向上していたり、人前でも堂々と英語で発表ができるようになっていたりと、3週間の様々な成長と頑張りを感じられる発表でした。

セントキャサリンズはすっかり雪景色となり、寒い毎日が続いています。研修も残り数日となってきました。1つのグループでは、パンケーキ作りを体験しました。パンケーキにメイプルシロップをかけ、カナダスイーツをいただきました。

授業では、様々なグループワークやアクティビティーが行われています。自分たちで作成したカードについて説明をしたり、スカベンジャー ハントを行って、質問リストにある答えを探しだしてくるアクティビティーにも挑戦しました。〝マクドナルドのビックマックのカロリーは?” 〝Tim Horton'sのホットチョコレートの種類は?” ”インタナショナルセンターのカフェテリアのヌードルの種類は?” 〝インターナショナルセンターの向かいにあるビルの名前は?” ”メープルリーフを持ってきたらボーナスポイント” などなどの質問リストの答えをグループで探しにいきます。お店に行って店員に質問をしたり、通行人に質問をしたりするなど、それぞれ積極的に英語を使いながら答えを探しだしてきました。

11月16日(木)、地元セミプロアイスホッケーチーム"Ice Dogs"の試合観戦をしました。アイスホッケーの迫力だけではなく、地元ファンの熱狂を一緒に楽しみ、カナダのアイスホッケーを経験することができました。チームのマスコット"Bones"が我々の席に入ってきてくれて、会場スクリーンに映し出される一幕もあり、大いに盛り上がりました。


11月16日(木)、今日は通常のレッスンの後に、橋本先生の特別講義を受けました。橋本先生は、6月に来校してくださり、1年生から3年生のグローバルコースに対して講義をしてくださいました。また、このブロック大学研修では、毎年講義をしてくださっています。講義の内容は、観光業とUN SDGs(国連 持続可能な開発目標)の関わりについてです。橋本先生の講義を受けた後、9つのグループに分かれてのグループワークが行われました。各グループにSDGsの中から別々のSDG目標が与えられ、その目標可決に向けて、地元でできること、旅行先でできることについて考えます。とても難しいテーマであり、グループワークも悩みながら取り組んでいましたが、その後の発表では、自分たちなりの考えを英語で発表しました。橋本先生からも、

この講義が世界の問題について考えるきっかけとなり、視野を広げて物事を見る力をつけてください

と言葉をいただきました。帰国後は、グローバルコースの生徒はこのSDGsについて調査研究を行っていきます。

11月13日(火)、午前中は大学でレッスンです。1つのグループでは、デニスモリス高校(DMHS)への3回の訪問を通して気がついたことや感じたことをペアになって話し合い、その発表が行われました。それぞれ、様々な視点で感じた日本の学校との相違点を発表していました。
午後はデニスモリス高校(DMHS)との最後の交流です。最終日は、日本で準備してきたプレゼンテーションを発表しました。

北海道の魅力を伝える観光プラン

をテーマに、9グループそれぞれが考えたプランをのパートナーの生徒たちに発表します。そして、DMHSの生徒たちには評価表の記入をお願いしました。DMHSの生徒に質問をしながらプレゼンテーションをしたり、表現力豊かに発表できたグループもあれば、なかなかスムーズに発表をすることができなかったグループもありました。金曜日には、大学でプレゼンテーションコンテストが行われます。今日の発表内容を次にどのように活かすことができるか、各グループの頑張りに期待です。
研修も残り1週間となりました。カナダでの残りの1日1日を大切に過ごしていきたいと思います。

11月10日(土)、今日はアクティビーの日で、全員でFort George, Niagara-on the-Lake, Niagara Outlet Collectionへ行きました。昨日9日(金)に雪がちらつき、今日は雪や雨はないものの、こちらに来てから一番寒く、札幌の真冬よりも寒く感じる日でした。
Fort George は、1799年にイギリス軍が建造したであり、米英戦争の激戦地です。兵士がどのような生活をしていたのか、また当時の上流階級の生活も見学することができました。Niagara-on-the-LakeやNiagara Outlet Collectionでは、それぞれ思い思いに買い物を楽しむことができた1日でした。
プログラムも半分終了し、残り12日となりました。ここからの1週間の挑戦が大切になります。全員体調を崩すことなく、元気に過ごしています。

11月9日(金)、今日も午前中は大学で授業を受け、午後からはデニスモリス高校を訪問しました。デニスモリス高校では、グループパートナーの受けている授業に一緒に参加をしました。フランス語や数学、英語(シェイクスピア)や体育(トレーニング)といった授業に参加をした他、パートナーが11年生又は12年生の場合には、Rmembarance Day Ceremonyという集会にも参加をしました。11月11日(日)は第一次世界大戦の休戦協定が結ばれた日であり、カナダでは、11月11日を第一次大戦以降の戦争で亡くなった全ての兵士達を追悼し敬意を払うため「Remembrance Day」に指定されています。若者から大人まで多くの人が、ポピーの花のバッヂを胸につけているのをこの数日目にします。各学校でも、追悼集会があるそうで、デニスモリス高校でも、今日の午前中から各学年毎に集会を行っていました。
プログラム終了後は、門限の時間までそれぞれ思い思いに過ごしています。大学生に交じって、大学の体育館でバスケットボールをしたり、本格的なトレーニング機器の揃っているジムでトレーニングをしている女子もいます。

11月8日(木)、大学での授業の後、初めてデニスモリス高校(DMHS)を訪問しました。デニスモリス高校の校長先生、教頭先生、そしてパートナーとして参加をしてくれている生徒のみなさんに迎えていただき、本校のグループを代表して3名の生徒が挨拶をしました。また、ちょうど両校の生徒会長がおり、生徒会長同士の記念写真も撮りました。

各グループにDMHSパートナーが入り、Tシャツ交換や校内見学、そしてグループ交流を行いました。パートナーの中には、昨年度参加をしてくれていた生徒さんが今回も参加をしてくれていました。DMHSの生徒のみなさんはとても親切かつ熱心であり、本校生徒も活発に交流を深めていました。

11月7日(水)、今日も午前午後と大学で授業を受けました。今日が3回目、まだまだ先生の英語が聞き取れずに授業の理解に苦戦したりもしていますが、少しずつ自分から内容を深めて発表しようとする者も出てきました。来週にかけて個々の積極性や英語がどのように変化をするか期待です。ブロック大学のパーカーも似合っています!

11月6日(火)、今日は午前から午後にかけての授業とConversation Cafeがありました。Conversation Cafe では、このグループのサポートをしてくれているBrock大学の学生が、英語を使った様々なゲームを用意してくれました。また、友人への感謝の思いを英語で書くことにも挑戦し、それぞれの思いを熱心にカードに書き、交換し合いました。

11月5日(月)、今日から大学での授業が始まりました。2グループに分かれての授業です。どちらのクラスでも、積極的に手を挙げて発言している生徒の姿がありました。2週間後にどのような成長と変化を感じられるか期待です。さらに今日は、午後から市役所を表敬訪問しました。幸運にも市長と面会をすることができました。st.Catharinesについての説明と共に、お薦めのドーナツ店を紹介してもらいました。

11月3日(金)研修3日目、全員でナイアガラの滝まで行きました。快晴ではなかったものの、カナダへ到着してからずっと降り続いていた雨が今日は降ることがなく1日を過ごすことができました。滝のすぐ近くまで行くボートに全員で乗り、世界の滝のしぶきを全身で浴びてきました!その後は、ナイアガラの滝周辺を散策し、今日のプログラムを終了しました。
元気一杯に過ごした1日でしたが、昨日から始まったホームステ先でのホストファミリーとのコミュニケーションや、バスの利用の仕方、帰る道順など、色々な不安としっかりと向き合いながら、全員が逞しく挑戦をしています。

11月2日(金)、ブロック大学での初日です。オリエンテーションやキャンパスツアーの後に、今日から3週間お世話になるホストファミリーと対面をしました。自分のホストファミリーがどのような家族なのか、会うのがとても楽しみであったり、少し不安であったりと、様々な思いや表情がありましたが、元気に各ホストファミリー宅へ行きました。明日は、ナイアガラの滝へ向かいます。

11月1日(木)グローバルコース2年B組37名のカナダブロック大学研修のスタートです。羽田空港からトロント空港へ出発しました。入国審査を無事に終え、ホテルで一泊。2日(金)の朝を迎え、これからいよいよ大学へ向かい授業やホームスティが始まります。

pagetop

Copyright © HOKKAI-GAKUEN SAPPORO HIGH SCHOOL. All Rights Reserved.