WWLコンソーシアム構築支援事業(文部科学省指定事業)

北海学園札幌高等学校がWWLカリキュラム開発拠点校に認定されました

文部科学省が推奨するWWL事業のひとつとして、国内外の大学・企業・国際機関、連携校に指定された高校などと本校の生徒がともにSDGsを主なテーマにした、ハイレベルで探究的な学びの研究開発や実践、国際会議などに取り組みます。

構想名

北海道広域ALネットワーク

- Snow Crystal Project(S.C.P) in HOKKAIDO -

管理機関
学校法人 北海学園
拠 点 校
北海学園札幌高等学校

広大な大地「北海道」の全地域においてSDGsに取り組んでいる高等学校と海外の高等学校、大学、関連機関を繋ぎ「北海道広域 AL ネットワーク」を形成し、組織的・継続的に持続可能な世界の実現と Society5.0 を牽引するグローバルリーダー育成を目的とします。具体的にはSGH事業の研究成果をベースに連携校の多様な視点と実践を活かし、距離と時間を克服するためICTを活用した新たな科目・授業を実施します。更には専門的で先進的な技術を有する系列大学や連携機関の指導助言により、教育カリキュラムを進化させます。特に北海道の農業と食、民族や領土問題、寒冷地の住まいと環境、外国人労働者を支えるネットワーク構築を探求課題とした「グローバルリーダー」育成モデルの確立と北海道広域ALネットワークの拡充を図り、世界に向けて発信します。

「北海道広域 AL ネットワーク」図

北海道広域ALネットワークの連携校・協力校・協働団体等

連携高校

国内連携校協定締結大学

海外連携校 協定締結大学・高校

国外協力校

協働団体・企業等

運営指導委員会(敬称略・順不同)

委員長
  • 山中 康裕

    北海道大学大学院地球環境科教授

委員
  • 荒川 義人

    札幌保健医療大学 学部長

  • 玉利 和弘

    酪農学園大学農食環境学群循環学類元教授

  • Matt Cotter

    北星学園大学短期大学部英文学科専任講師

  • 石山 智浩

    北海道教育委員会教育局高校教育課 指導主事

  • 櫻井 和宏

    株式会社JTB北海道事業部札幌教育旅行センター所長

第三者による検証組織(敬称略・順不同)

委員
  • 森 雅人

    札幌大谷大学社会学部教授

  • 前田 輪音

    北海道教育大学札幌校准教授

  • 西村 卓也

    株式会社北海道新聞社 論説主幹

1. WWL(ワールドワイドラーニング)コンソーシアム構築支援事業

 大きな変革であるSociety5.0社会が訪れることにより、新たな社会においてリーダーシップを発揮するイノべーティブなグローバル人材の育成が求められています。このため、WWLコンソーシアム構築支援事業は、高等学校等と国内および海外の大学、企業、国際機関等が協働して、テーマを通じた高校生国際会議の開催等、高校生への高度な学びを提供する仕組み、すなわちアドバンスト ラーニング ネットワーク(ALネットワーク)の形成を目指しています。

 本校を拠点校とするALネットワークは、スーパー グローバル ハイスクール事業の研究成果をベースに、連携校の多様な視点と実践を融合し、且つ広大な北海道という地理的な距離と時間といった問題を克服するために、積極的にICTを活用します。雪の結晶のように美しく広がっていくことになぞらえて、「Snow Crystal Project in Hokkaido」としました。新しい社会を担う新しいGlobal Citizenship(地球市民)の育成に挑みます。

1. WWL (World Wide Learning) Consortium Support Development Project

 With the coming of Society 5.0, and the major changes it will bringto society, there is a need to develop innovative global human resources who can take leadership positions in this new society. For this reason, the WWL Consortium Support Development Project aims to form an Advanced Learning Network (AL Network), which is a system to provide advanced learning to high school students through collaboration between high schools, domestic and overseas universities, companies, and international organizations, by holding international conferences for high school students based on WWL themes.

 The AL Network, with our school as the base, will be based on the research results of the Super Global High School project, and will integrate the diverse perspectives and practices of the partner schools, and will actively utilize ICT to overcome the problems of geographical distance and time in the vast island of Hokkaido. The name of the project, "Snow Crystal Project in Hokkaido," is derived from the fact that the project will spread beautifully like snow crystals. We will take on the challenge of fostering a new Global Citizenship.

2. 本ネットワーク・本校による研究開発構想

  1. これまでのSGH(スーパーグローバルハイスクールアソシエイト)事業を検証し解決すべき課題の再設定、総合的な探求の時間、これまでの文系科目と理系科目を融合した学際的科目の設定を目指します。
  2. 解決すべき課題に対して、極めて多くの大学、企業、国際機関等から助言・指導を受けることができ、教室からでも視野が広がる仕組みの構築を目指します。
  3. SDGsの各ゴールに向けて、「感じ・学び・行動する」生徒を育成すべく、教室を飛び出して行う学習機会が多く設定されます(企業等におけるボランティア活動・講演会・海外研修制度・留学生相互派遣制度) 
  4. 解決すべき課題に対して、高大連携による研究・学習活動を充実させます。
  5. 北海道の農業と食、民族や領土の問題、寒冷地における住まい・環境づくり、外国人労働者を支えるといった課題を探求します。
  6. 令和5年度に、SDGs高校生国際会議を開催する構想をもっています。

2. Research and development plan by the network and the school

  1. Review the past SGH (Super Global High School Associate) projects. projects and redefining the issues to be solved, providing time for comprehensive inquiry, and introducing interdisciplinary subjects that integrate humanities and science subjects.
    We aim to redefine the problems to be solved, to provide time forcomprehensive inquiry, and to establish interdisciplinary courses thatintegrate the existing humanities and science subjects.
    We will be able to receive advice and guidance from a large numberof universities, companies, and international organizations on issues that need to be resolved.
  2. We aim to establish a system that enables students to receive advice and guidance from a large number of universities, companies, and international organizations on issues that need to be resolved, and to broaden their perspectives even from the classroom.
  3. In order to develop students who can "feel, learn, and act" toward each of the SDG goals, we will create learning opportunities that extend beyond the classroom.
    In order to foster students who "feel, learn, and act" toward each of the SDGs goals, many learning opportunities will be provided outside the classroom (volunteer activities at companies, lectures, overseas training programs, international students, etc.).
  4. Research and study activities in cooperation with high schools and universities will be enhanced to address issues that need to be resolved.
  5. Enhance research and learning activities through high school-university collaboration to address issues that need to be resolved.
  6. Explore issues such as agriculture and food in Hokkaido, indigenous and territorial issues, housing and environmental development in cold regions, and support for foreign workers.
  7. We have a plan to hold an international conference for SDGs high school students in 2023.

21世紀の国際社会を生きるリーダーの育成 → グローバルな視点の育成・イノベーティブなグローバル人材の育成

 文部科学省のWWLコンソーシアム構築支援事業を実施する高等学校の1つに、北海学園札幌高等学校が選ばれました。SDGsと照らし合わせて、文理融合・多文化共生・SDGs・国際協力・食・民族・領土・住まいをテーマに継続的な学習および探究活動を構築し、その成果を内外に積極的に発信していきます。
 連携校18校との交流が楽しいです。18の協働機関(官公庁・団体・企業)と共同で生徒の学習・探究活動をサポートします。
 主要事業をいくつか紹介します

☆ GLOBAL VILLAGE

全1年生が参加するSDGsの基本概念を学ぶ機会。
Mr.SDGsこと北海道大学大学院の山中康裕教授による特別講義があり、連携校生徒とのオンライン交流があり、栗山町に出かけてのSDGs フィ-ルドワークがあり、最後にラフテイングがあり、外国人留学生との交流時間もあり・・・。
2日間にわたり、盛りだくさんの活動で、国際理解の大切さを学びます。

☆ GLOBAL SUMMER CAMP

グローバルコース在籍の生徒を中心とした学習機会。
Mr. SDGsこと北海道大学大学院の山中康裕教授による特別講義、岩田地崎建設の上村英史氏による建設事業とSDGsのお話、内外連携校とのオンライン交流&直接交流、ニュージーランド協会の方々とのタグラグビーを通じた交流、北海学園大学教授陣による学習機会。これもまた盛りだくさん。これらを自身がどう選択して深化させていくかが大事。

☆ENGINEERING LAB Ⅰ-Ⅲ

理系希望の生徒を中心に、北海学園大学工学部と連携して学習・探究活動を複数回実施し、その学習成果および自身が深化させた探究成果を12月のGLOBAL DAYにおいて発表します。
大学の授業を先取りすべく、社会環境工学、建築学、電子情報工学、生命工学への扉が絶えず開かれています。

今年度のWWLコンソーシアム構築支援事業-Snow Crystal Project in HOKKAIDO-

  • ① 4月25日(月)

    高校生のための統計学入門Ⅰ

  • ② 5月下旬開始

    学校の空き地で野菜作り(住み続けられるまちづくり×農業)

  • ③ 5月26日(木)

    WWL GLOBAL VILLAGE 2022

  • ④ 5月27日(金)

    WWL GLOBAL VILLAGE 2022

  • ⑤ 6月16日(木)

    アイヌ民族の植物利用の知恵

  • ⑥ 6月27日(月)

    高校生のための統計学入門Ⅱ

  • ⑦ 7月29日(金)

    フードロス削減に向け実践!!

  • ⑧ 8月8日(月)

    WWL GLOBAL SUMMER CAMP 2022

  • ⑨ 8月9日(火)

    WWL GLOBAL SUMMER CAMP 2022

  • ⑩ 9月16日(金)

    北方領土問題に関する講座(根室高等学校)

  • ⑪ 9月下旬

    ENGINEERING LAB Ⅰ

  • ⑫ 10月下旬

    ENGINEERING LAB Ⅱ

  • ⑬ 11月上旬

    SDGs実地研修 アイヌ民族の生活・文化研究(平取高等学校)

  • ⑭ 11月下旬

    ENGINEERTING LAB Ⅲ

  • ⑮ 12月17日(土)

    GLOBAL DAY
    -WWL Snow Crystal Project in HOKKAIDO発表会-

  • ⑯ ウェリントン研修

  • ⑰ 台湾語学文化研修

  • ⑱ ブロック大学研修

  • ⑲ HP上にWWL NEWS アップロード
  • ⑳ その他

今年度のWWL事務会合(予定)

  • ① 7月1日(金)

    WWL連絡協議会

  • ② 7月4日(月)

    ALネットワーク連絡調整会議

  • ③ 12月17日(土)

    ・ALネットワーク連絡調整会議
    ・WWLコンソーシアム総括会議
    ・WWLコンソーシアム運営委員会
    ・WWLコンソーシアム検証委員会

  • ④ 12月下旬~

    ・活動報告書編集委員会
    ・リーフレット編集委員会

WWLニュース

活動報告

「世界が変わるとき、みなさんはどうしますか?」北海道大学大学院地球環境科学院教授 山中康裕先生

Global Village2022 SDGs特別講義 5月26日